生理痛や生理不順にも!冷え性に効果的な体のツボ

冷え性の改善に有効な体にあるツボを紹介します。

ツボは「経穴」とも言われ、体にある特定のポイントを押すことで刺激を与え、体のトラブルなどを緩和してくれるものです。体にあるツボは、冷え性対策だけではなく、多くの女性が悩む生理痛や生理不順にも効果があると言われています。

ツボの基本的な押し方ですが、強く押し過ぎは逆効果になるので、自分が気持ちいいと思える強さで押しましょう。ゆっくりと優しく3~5秒くらい押したら、3~5秒ゆっくりと離すという押し方を数回繰り返します。

冷え性や生理痛などに効く体の4つのツボ

命門(めいもん)

おへそのちょうど裏側の背骨の上にあるツボで、「生命力の中心となるツボ」と言われているほど体に重要なツボです。
命門は冷え性のほかに、体力の回復、腰痛、生理痛・生理不順・おりものなどの婦人系疾患にも効果があります。

腎兪(じんゆ)

おへそのちょうど裏側の背骨から、左右に指2本分のところにあるツボ。
腰に手を当てて、親指で押しましょう。
腎兪は冷え性のほかに、むくみ、生理痛、生理不順、腰痛、ぎっくり腰などに効果があります。

志室(ししつ)

おへそのちょうど裏側の背骨から、左右に指4本分(腎兪からさらに2本分)のところにあるツボ。
志室は冷え性のほかに、むくみ、生理痛、生理不順、腰痛、ぎっくり腰、胃痛の不調などに効果があります。

間元(かんげん)

おへそから下に指4本分のところにあるツボで、「丹田(たんでん)」とも呼ばれています。
このツボは決して強く押さず、優しくゆっくりと刺激しましょう。
間元は冷え性のほかに、腰痛、生理痛、生理不順、泌尿器疾患などのも効果があります。

スポンサーリンク