冷え性対策に手湯

冷え性対策に有効な「手湯」とは、その名の通りお湯に手を入れて温める方法です。
温泉地では足を温める足湯は人気があり、さらに手軽に出来る手湯の施設も増えてきているようです。

足と同様に手は末端にあるので末端冷え性という冷えに悩まされる部分です。
末端冷え性になる原因は自律神経が関係しているので、自律神経を整えてあげる生活をするのが一番の解決方法ですが、手や足を温めて血行を促進するのも対策方法の1つです。

手や足を温めてあげる方法として「手湯」「足湯」があります。
手や足を温かいお湯にじっくりと付けてあげることで血行がよくなり、手や足だけではなく全身の血行も良くなるので体がぽかぽかと温まります。

そして足湯より簡単に出来るのが「手湯」なのです。
足湯をやる場合は床が濡れないようにするなどそれなりの準備をしないといけませんが、手湯の場合は手をつけられる洗面器とお湯があれば出来るので、自宅のキッチンやオフィスの給湯室などで手軽に出来ます。

手湯の方法は、42℃くらいの少し熱いお湯を洗面器に入れ、手を10分~15分つけるだけ。
血行促進効果があるアロマオイルを入れるのもススメですよ。
また、手湯は冷え性だけではなく、肩こりにも効果があると言われていますので、肩こりでお悩みの方はやってみて下さい。

スポンサーリンク