飲んでも、ぬっても、お風呂にも!冷え性対策に炭酸水を活用しよう

tansansui
美容や健康に炭酸水を愛用している方も多いと思いますが、冷え性にも効果があるのをご存じでしょうか。

しかも、飲んでも、お肌に塗っても、お風呂に入れても冷え性に効果あり♪

冷え性対策と合わせて、美容効果、ダイエット効果など炭酸水が体にもたらすメリットをお届けします。

炭酸水が冷え性に効果があるのはなぜ?

まず、炭酸水とは水に炭酸ガス(二酸化炭素)を溶け込ましたものです。

炭酸水は飲んだりコップに注ぐとシュワシュワと泡が出るのが特徴ですが、これは圧力をかけて二酸化炭素を溶かしているため、圧力の変化や温度の変化などにより、溶けきれなくなった二酸化炭素が気化しているためです。

炭酸水を飲むと体内に二酸化炭素が入り込み、血液中に吸収され、血液中の二酸化炭素の濃度が高くなって酸欠状態になります。体はその酸欠状態を解消するため、血管を拡張させて多くの酸素を取り入れようとします。

二酸化炭素は粒子がとても小さいため、皮膚からも浸透するので、炭酸水を肌に塗ったりお風呂に入れたりしても同じように血管拡張の効果が得られます。

炭酸水が冷え性対策効果があると言われている理由はこの血管拡張作用によるもので、血管が拡張することで血流がUPし、体を温めてくれる効果が生まれるのです。

炭酸水はどれでもいい?

一般的には原料が水と炭酸ガス(二酸化炭素)のみの物を炭酸水と呼び、コーラやサイダーなど甘みや香料を加えたものを炭酸飲料と呼んでいます。

砂糖を摂取するとそれ自体が体を冷やす原因になります。冷え性や美容、健康を意識するなら炭酸飲料ではなく、水と炭酸ガスのみの炭酸水を選びましょう。

炭酸水にも色々とブランドがあり、飲みやすさや炭酸の強さなど好みがあるとは思いますが、高い物ではなく、スーパーやコンビニなどで販売されている安い炭酸水でOKです。最近では、水道水やミネラルウォーターを炭酸水に変える炭酸水メーカーもありますので、興味がある方は検討してみてはいかがでしょうか。

また、冷たい炭酸水を飲むと内臓を冷やしてしまい、逆に冷え性の原因になりますので、冷やしたものではなく常温の物を飲むようにしましょう。

炭酸水による美容効果

炭酸水で洗顔やパックをすると、シミ、シワ、たるみ、くすみなどを解消してくれる美肌効果があると言われています。

ターンオーバー正常化

美しく健康的な肌を維持するためには、肌の生まれ変わりであるターン―オーバーを正常化させる必要があります。しかし、ターンオーバーが乱れてしまうとシミやシワ、たるみなど肌トラブルの原因を作ります。

ターンオーバーが乱れる原因は加齢や食生活の乱れなどいくつか原因がありますが、血行不良もその一つ。

そこで、炭酸水で洗顔やパックをすることで肌の血行を促進し、ターンオーバーを正常化させて、美しい肌を作る事ができるのです。

毛穴の汚れを吸着

炭酸の気泡にはタンパク質を吸着する性質もあります。

たとえば、鼻の毛穴につまった白い角栓、多くの人が悩んでると思いますが角栓があると美肌には程遠いですよね?

実は角栓の約70%が古い角質、つまりターンオーバーによって剥がれ落ちた古い肌です。それに皮脂が混ざって白い角栓となり毛穴を詰らせるわけですが、肌の主成分はタンパク質なので、炭酸水で洗顔をすることにより、毛穴の汚れもスッキリと落としてくれます。

特に問題がない場合は炭酸水の洗顔やパックは毎日行っても問題ありませんが、敏感肌や乾燥肌、肌に赤みが出るなど肌が弱い方は様子を見ながら行って下さい。

炭酸水はダイエット効果や便秘対策も

炭酸水はダイエットにも効果的と言われています。

「飲むだけで痩せられる」と言われる炭酸水ダイエットですが、2つの理由があります。

炭酸水による血行促進効果

人間の体は基礎代謝が高いと太りにくく痩せやすい体を作ることができます。逆をいえば基礎代謝が低くなることによって痩せにくく太りやすい体になるわけですが、実は体が冷えていると基礎代謝は低下してしまうのです。

炭酸水には既に取り上げているように、血管拡張作用によって血行を促進させる効果があり、血行が良くなることにより基礎代謝がアップし、痩せやすい体になります。

炭酸水で満腹感を得る

食事の前に炭酸水を飲むことで炭酸ガスが胃を膨らまして満腹中枢を刺激し、食事の量を減らしてくれるのでダイエットに繋がります。間食の習慣がある方は、おやつを炭酸水に変えればその分摂取カロリーが減らせます。

もちろん、飲むものは甘い炭酸飲料ではなく、水と炭酸ガス飲みの炭酸水です。

ポイントとしては、食事の5分~10分前に飲むこと。少ない量だと逆に食欲がアップするので、300mm~500mmの常温の炭酸水を飲みましょう。

また、便秘に悩む方は朝一番に飲むコップ1杯の水を、常温のコップ1杯の炭酸水に替えてみましょう。炭酸ガスが腸を刺激して働きを活発にしてくれるので、頑固な便秘もスッキリです!

体ぽかぽか♪炭酸風呂の作り方

炭酸水はお風呂に入れても効果的です。

炭酸ガスの血行促進効果で体がぽかぽかと温まります。

手湯や足湯など部分浴をする場合は炭酸水を使用してもOKですが、お風呂の中に炭酸水を入れるとなるとかなりの量を入れなければいけないので、金額的にも負担が大きくなりますよね。そこで、自分で簡単できる炭酸風呂の作り方を紹介します。

用意するのは重曹とクエン酸のみ。
重曹とクエン酸にもグレードがあり、掃除用のものではなく食品グレードのものを用意しましょう。

200Lのお湯に対して、重曹大さじ2:クエン酸大さじ1が目安ですが、お肌の状態によって分量を加減しましょう。

さらに、塩を大さじ2入れると保温効果がUPします。お好みのエッセンシャルオイルを入れて香りを楽しむのもOK♪

お風呂の温度が高いと炭酸が抜けやすくなってしまうため、38℃~40℃のお湯をはり、入浴する直前に重曹、クエン酸を入れましょう。

注意事項としては風呂釜や配管を痛める恐れがあるので、追いだきや自動運転機能は使わない事。入浴後はお湯をためておかないで、そのまま排水しましょう。

スポンサーリンク