夏の冷え性対策4つのポイント

冷え性は冬になるものと思っている方もいると思いますが、に冷え性になる方も多いです。
そして、夏の冷え性は夏バテにつながる事もあり、さらに夏の冷え性が原因で秋に体調を崩す「秋バテ」になる人も急増しているそうなので、夏の冷え性対策をしっかりと行いましょう。

①冷たい飲み物・食べ物ばかり食べ過ぎない
今は節電ブームでエアコンの設定温度が高くなっているため、「外は暑いけど部屋の中は寒い」という場所も以前よりも少なくなっていますが、その分暑さ対策として冷たい飲み物をがぶ飲みしたり、アイスやそうめんなど冷たい食べ物をばかり食べるという人もいるのではないでしょうか。
しかし、冷たいものばかり食べていると内臓を冷やす原因にもなり、夏バテや下痢、風邪をひきやすくなる等の症状が出てしまいます。
暑いからと言って冷たいものの食べ過ぎは体によくありません。

②薄手のファッションに気をつける
夏はキャミソールやスカート、ミュールなどの薄着で過ごすことも多いと思いますが、「寒い」と思ったらさっとはおえるカーディガンやストールなどを持ち歩くようにしましょう。
また、薄手の腹巻をつける事によりお腹が温まるので冷え性対策になります。

③お風呂をシャワーで済まさない
暑いからと言ってお風呂をシャワーで済ますのもあまりよくありません。
湯船にゆっくりとつかる事は疲労回復にもなりますし、もし冷え性になってしまった場合は湯船につかって体を温めるのも冷え性改善に有効なのです。
「暑いのに湯船につかりたくない」という人は半身浴をおススメします。

④扇風機を直接肌に当てない
節電家電として扇風機が人気ですが、扇風機の使い方にも注意が必要です。
就寝時は特に、扇風機の風を直接肌にあてないようにしましょう。
寝ている時は体温が下がりますので、そこに直接扇風機の風を当てると、必要以上に体温が下がり過ぎてしまうためです。
扇風機を使用する時は、壁などに風が当たるように向きを変えて首ふりの機能をつかいましょう。
そうすることで空気が部屋の中を循環して自然な風が吹いているような感じになります。

冬のように「寒いから」冷え性になるわけでなく、冷え性は生活習慣によってなる場合も多いのです。
暑いからと言って体を冷やすような行為は避けて、きちんと自分の生活を見直すことも大切です。

スポンサーリンク