冷え性を改善するストレッチ

冷え性を改善するのには運動をするのが効果的ですが、運動のなかでも簡単に出来るのがストレッチです。

冷え性になる原因は運動不足、ストレス、女性ホルモンバランスの乱れなど人により様々ですが、様々な原因から体が血行不良になり冷え性になります。
血行不良というのは血管が収縮している状態で、ストレッチをすることで筋肉を動かし、血行を促進させる効果があります。

冷え性は下半身を温めることで改善するので、ここでは足のストレッチを紹介しています。
ストレッチをする際は以下のことに気をつけましょう。
・息を止めず、ゆっくりと呼吸をして行うこと
・けっして無理はしないこと

◆かかと上げ運動
かかと上げ運動は立ったままでも椅子に座ったままでも出来ます。
つま先を床につけたまま、かかとを上げ下げし、ふくらはぎの筋肉を鍛えます。

◆スクワット
両足を肩幅くらいに開きます。
両腕を頭の後ろで組み、背筋を伸ばしたままゆっくりと膝を曲げたり立ったりします。
呼吸は膝を曲げるときに吐いて、立ち上がる時に吸います。
最初は10回くらいからやり、慣れてきたら少しずつ回数を増やしましょう。

◆足首と指のストレッチ
左足の指と右手の指を握手するように重ねて、外側・内側に10回ずつゆっくりと回します。
反対の足も同様にします。
足の指を開いたり閉じたりとしっかりグー・パーします。

寒い冬で足が冷えて眠れないという時も、寝る前に足のストレッチをすれば足がポカポカして眠れるようになりますよ。

スポンサーリンク