冷え性対策はまずは下着から

冷え性対策として簡単にできるのが「下着インナー)」です。
下着を上手に活用することで、冬・夏共に冷えない体づくりを目指しましょう。

夏は「暑いから下着は着ない」なんて人は多いのではないでしょうか。
でも、たっぷりと汗をかいた後に冷房のきいた部屋に行くと、急激に体が冷えて冷え性の原因になってしまいます。
夏の下着としておススメなのが、吸水性や通気性、発散性のあるもの。
たとえば、シルク(絹)の下着です。
シルクは、吸水、通気、速乾に優れているので夏はサラサラに着れますが、実は保湿性にも優れているため、冬の下着としてもおススメです。
そして、夏の下着として有名なのがユニクロの「エアリズム」。
エアリズムも汗をしっかりと吸収して衣類内の汗やムレを逃がし、サラサラな肌に保ってくれるので体の冷えを軽減できます。
このような、夏のインナーは各メーカーから販売されていますので、色々と検討してみましょう。

そして冬ですが、冬の下着は上記に書いたシルクの他に、綿やカシミヤ、ウールなど天然素材のものがおススメです。
薄手のインナーを何枚か重ね着をすることで空気の層ができて温かく過ごすことができます。
また、ポリエステルなどの合成繊維は保湿性はありますが天然素材に比べて吸湿性が劣り、中で蒸れて冷え性の原因になることがありますが、最近では吸湿性を高めた合成繊維も開発されていますので、冬のインナーも天然素材を含め各メーカーの物を検討してみるといいでしょう。

そして、下着が冷えの一番の原因となるのが体型をカバーするガードルなどの補正下着です。
体をきつく締めすぎることで血行不良になり冷え性の原因にもなりますので、体の冷えに悩む方は補正下着を使用するのはやめましょう。

スポンサーリンク