「冷えは万病の元」と言われているように、冷え性は女性の体にとって大敵です。冷え性の知識と対策・改善方法を公開しています。

女性のための冷え性対策法

冷え性対策

冷え性対策には「全身浴」「半身浴」「高温反復浴」のどれがいい?

更新日:

寒い冬は暖かいお風呂に入って体をしっかりと温めたいものですね。

もちろん、冬だけではなく暑い夏もクーラーや冷たい飲み物・食べ物などで思った以上に体は冷えているので、湯船につからずシャワーだけで済ましてしまう事は冷え性に繋がります。

そして一口にお風呂と言っても「全身浴」「半身浴」「高温反復浴」という入浴法があるのはご存じでしょうか?

それぞれの入浴方法とメリット・デメリットをまとめてみましたので、冷え性対策に役立てて下さい。

「全身浴」の方法とメリット&デメリット

全身浴は、「肩や首までお湯につかる」という一般的な入浴方法です。

10分~15分程度を目安に少し熱めの40℃~42℃のお湯につかります。

全身浴のメリット

たかがお風呂とは言え、思っている以上に体に水圧がかかっているのをご存じでしょうか?

肩や首までお湯につかる全身浴では、腹囲が3cm~5cm細くなるほどの水圧を受けています。

水圧によりお腹が圧迫されると、胸部と腹部の境にある横隔膜が押し上げられて肺の容量が減少し、呼吸数が増え肺に負担を与えます。血管も圧迫されるため静脈還流量が増えるので心臓にも負担を与えるのですが、この負担が逆に心肺機能を鍛えると言われています。

また、血管が圧迫されることにより血行促進効果が得られるので冷え性にも有効です。

そして、38℃~40℃のぬるめのお湯に20分~30分入る半身浴に対して、全身浴は40℃~42℃の少し熱めのお湯に10分~15分程度入るので「ゆっくり入る時間がない」「熱いお湯じゃないとお風呂に入った気がしない」「寒い冬は肩までお風呂につかりたい」という人には最適です。

全身浴のデメリット

メリットでも書きましたが、全身浴は体に水圧がかかり、肺や心臓に負担を与えて心肺機能を向上させます。

しかし、逆にお年寄りや心臓が弱い方は心臓への負担が大きくなり、お風呂上りに疲労感を感じやすいなどの影響がでる事もあります。

また、少し熱めのお湯に短時間浸かるため、体が芯から温まる事ができず湯冷めしやすくなります。

「半身浴」の方法とメリット&デメリット

半身浴は38度~40度のぬるめのお湯に20分~30分程度(それ以上でもOK)、胸から下のみぞおちくらいまでの下半身だけ湯船につかるという入浴方法です。

半身浴を行う時は上半身を濡らさない事が大切で、腕も上半身なのでお湯につけないようにしましょう。

お湯は一定の温度をキープしなければいけませんが、体が出るようにぎりぎりまでお風呂のフタを閉めておくと、お湯の温度を冷めにくくするだけではなく腕も置いておけるのでおススメです。

冬に半身浴を行う場合はお湯の温度を少し高めに設定します。また、あらかじめ浴室暖房で浴室内を温めたり、乾いたタオルを肩からかけるなどして寒さ対策をしっかりとしましょう。

半身浴のメリット

全身浴のメリット・デメリットでもすでに書きましたが、お風呂の水圧は肺や心臓に負担を与えます。健康な方なら特に問題ありませんが、お年寄りや心臓の弱い方は注意が必要です。

その点、半身浴はみぞおちまでしか湯船に入らないので肺や心臓への負担が軽減され、体に優しい入浴法と言われています。

そして、20分~30分程度ぬるめのお湯にゆっくりとつかるため、下半身で温められた血液が全身に循環して体が芯からあたたまり、湯冷めしにくくなるため冷え性対策もバッチリです。

また、ぬるめのお湯に長時間浸かるため副交感神経が優位になり、リラックス効果や安眠効果が得られます。そのため、寝る前に行うなら全身浴よりも半身浴がおススメです。

半身浴のデメリット

ぬるいお湯に最低でも20分~30分くらいは湯船につからないと効果がないため「熱いお湯が好き」「時間がない」方には不向きです。

また、足(下半身)の乾燥肌で悩んでいる方には半身浴はあまりおススメできません。

湯船に長時間つっていると肌がふやけてシワシワになってしまう事がありますが、この状態になると肌の天然保湿因子(NMF)やセラミドも流れ出てしまうため、肌の乾燥が進んでしまいます。

長時間湯船につかる場合は、保湿成分入りの入浴剤を使うなどして乾燥肌対策をしましょう。

「高温反復浴」の方法とメリット&デメリット

高温反復浴とは、42℃~43℃のお湯に繰り返し入る入浴方法です。

下記の方法で温→冷→温と繰り返すことで血行を促進し、体が芯から温まります。

①かかり湯(1分)
最初にぬるめのシャワーを全身に浴び、浴槽の暑いお湯を足から上へとかけ体を慣らします。

②入浴(3分)
肩までお湯につかるように入浴。

③休憩(5分)
湯船から出て休憩。体や頭を洗うなどをする。

④入浴(3分)
肩までお湯につかるように入浴。

⑤休憩(5分)
湯船から出て休憩。体や頭を洗うなどする。

⑥入浴(3分)
肩までお湯につかるように入浴。

高温反復浴のメリット

高温反復浴は体を温めるだけではなく、1回行うことで約200kcal~300kcalを消費すると言われています。

200kcalは運動で例えるとウォーキングなら1時間、ジョギングなら30分に相当するので、ダイエットにも最適と言われています。
かなりの汗をかくので、入浴前にコップ1杯の水を飲みましょう。

また、温→冷→温と繰り返しても全工程が20分で終わるので入浴にあまり時間が取れない人、そして熱いお湯に入りたい方にはおススメです。

高温反復浴のデメリット

高温反復浴は全身浴以上に体に負担がかかるので、お年寄りや心臓の弱い方、高血圧の方や妊婦さんは行わないようにしましょう。疲れている方、体調がすぐれない方もあまりおススメできません。

高温反復浴は熱いお湯に入るため、交感神経を刺激します。寝る前に行ってしまうと寝つきが悪くなるので、満腹時をさけて就寝2時間前までには終わらせるようにしましょう。

また、42℃以上の熱いお湯に入ると肌が乾燥しやすくなるため、保湿効果のある入浴剤を使うなどして乾燥を予防しましょう。

-冷え性対策

Copyright© 女性のための冷え性対策法 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.