冷え性対策とミニスカート

もともと冷え性は男性よりも女性のほうがなりやすいと言われていますが、その原因の一つに女性特有のファッションがあります。
ミニスカートもその一つで、寒い冬でもミニスカートに素足なんていう人もみかけます。
もちろん体が冷えるからと言ってミニスカートを履くなとはいいませんが、ミニスカートはどうしても足や腰が冷えてしまい、その結果冷え性だけではなく腰痛や頻尿・下痢などの症状を引き起こしてしまうこともあります。

それでもミニスカートを履きたい!と思う方はしっかりと冷え対策をしましょう。

冬にミニスカートを履く場合は、厚めのタイツにさらに靴下を着用するといいですね。
また、腰やお腹を冷やさないように腹巻をすることもオススメです。
最近では、腹巻とスカートが一緒になっているものも販売しているのでチェックしてみてはいかがでしょうか。

そして、もちろん夏のミニスカートも要注意です。
夏になるとミニスカートにミュールなんて当たり前の光景ですが、それが冷え性の原因にもなります。
冬の場合は冷えないように心がけている人も多いですが、夏は無防備になるので実は夏の冷え性というのも多いんです。
さらに夏には冷房のきいた涼しい部屋にいたり、冷たいものを食べたりするのでなおさらです。

暑い夏でも薄着は避けて、ミニスカートを履く場合は下にスパッツを着用する、などの対策をしましょう。

お出かけの際に薄いショールを持ち歩くのも重宝します。
冷房が効いた部屋でも膝にショールをかければ冷え性対策になりますよ。

スポンサーリンク