冷え性対策には3つの首を温める

冷え性対策に昔から「3つのを温めるといい」と言われているのをご存じでしょうか?
3つの首とは「首・手首・足首」のことです。

なぜ3つの首を温めると冷え性対策になるかというと、首・手首・足首は体の中でもくびれている部分にあたるので皮膚の近くに大きい血管が通っているからです。

体は血液を循環させることで体温を維持していますが、ここの部分を冷やしてしまうと体に流れる血液が冷えてしまうので体も冷えてしまいます。
しかし逆に温めることで血液が温まり冷えを予防することができるのです。

特に首は体の中でも寒さを感じやすい部分と言われていて、首を冷やしてしまうと頭痛や首こり・肩こりの原因にもなります。
寒い冬はタートルネックを着たり、マフラーを使用するなどして首回りを冷やさないようにしましょう。

そして、手首は手首まで隠せる手袋や手首ウォーマー、足首は長い靴下や足首ウォーマーなどを使用して「3つの首」を冷やさないようにすることが冷え性対策のポイントなのです。
もちろん3つの首だけではなく、お腹や腰など下半身を冷やさないようにすることも重要です。

寒い冬だけではなく、暑い夏でもエアコンが原因で冷え性に悩まされることもありますので、冷えを感じたら3つの首を冷やさないようにしましょう。

スポンサーリンク