冷え性改善に腹式呼吸

冷え性の改善に、腹式呼吸をするというのも効果があるようです。
冷え性は食生活や生活の改善も大切ですが、腹式呼吸は簡単にできるので取り入れてみてはいかがでしょうか。

まず、「呼吸」には胸式呼吸と腹式呼吸の2つがあります。
肋骨を広げて肺に空気を送り込む胸式呼吸に対して、腹式呼吸は肺の下にある横隔膜を上下させて行う呼吸法です。
男性の多くは自然に腹式呼吸で呼吸をしているそうですが、女性の場合はほとんど胸式呼吸で呼吸をしていると言われています。

腹式呼吸の方法ですが、
1.鼻からゆっくりと息を吸い込みお腹に空気を入れるイメージでお腹をふくらませる
2.口からゆっくりと息を吐いてお腹をへこませる
という簡単なものです。

このゆっくりとした動作が自律神経のバランスを整えてくれます。
自律神経の乱れは冷え性の原因の一つなので、腹式呼吸を行うことで自律神経の副交感神経が優位になり冷え性の改善に効果をもたらすのです。
副交感神経を優位にするということはリラックスにつながるので、寝る前に行えば快適な睡眠にもつながります。
そして、腹式呼吸は緊張やストレスにも役に立ちますので、ぜひ試してみて下さい。

スポンサーリンク