冷え性改善に効果がある足湯

最近、足湯が静かなブームになっていますが、足湯には半身浴と同じく冷え性を改善させる効果があります。

半身浴はお風呂に入らないとできませんが、足湯は洋服を着たままで足をお湯につけるだけなので、いつでもできるのが魅力です。
半身浴と同じように足をじっくりとお湯につけることによって下半身の血液が温められ、血液が全身を循環するため体は芯から温まります。
風邪を引いてお風呂に入れない時にでも足湯ならできますし、のどの痛みや咳などのひき始めの風邪なら足湯をすることによって早く治る効果もありますよ。

では足湯の方法です。
40度前後の少し集めのお湯を洗面器やバケツに入れ、くるぶしの少し上くらいまでお湯がつかるようにします。
お湯にはお好きな入浴剤を入れてもいいですし、アロマオイルを1~2滴くらいたらすのも楽しめていいですね。
足をつける前に継ぎ足し用のお湯を用意してお湯が冷めてきたらお湯を継ぎ足します。
15分~20分くらいしたら終了です。
バスタオルで足をよく拭いて靴下を履いて冷めないようにしましょう。

このように足湯は簡単にできて冷え性改善にも役立つのです。
ちなみに半身浴も同じですが、最初は効果がない方もいるようですが何回か繰り返すことによって効果が出てくる場合もあるので、冷え性改善には根気よく続けたいですね。

スポンサーリンク