「冷えは万病の元」と言われているように、冷え性は女性の体にとって大敵です。冷え性の知識と対策・改善方法を公開しています。

女性のための冷え性対策法

食事で冷え性対策

冷え性対策に白湯を飲む

投稿日:

冷え性対策として効果があると言われている「白湯(さゆ)」。
白湯は冷え性だけではなく、デトックスやダイエットに効果があると言われ、多くの方が「白湯を飲む」というのを取り入れているそうです。
白湯とは、「湯冷まし」とも呼ばれ、水を火にかけて一度沸騰させた後で冷ましたものです。

人は夜寝ている時にコップ1杯位の汗をかくと言われ、汗をかくと血液が濃縮してしまうため、朝にコップ1杯の水を飲むことは健康にいいとされています。
しかし、朝から冷たい水を飲むのは胃(内臓)を冷やすことになり、血行不良や内臓の機能が低下してしまうこともあるのです。
特に冬場の冷たい水は注意が必要です。

この朝の「水」を「白湯」に変えるだけで、水分補給も出来ますし、冷え性対策にもなります。
人は体温より少し高めのものを体内に取り入れると、血行が促進されるためです。

朝、白湯をコップ一杯用意し、一気にではなく一口ずつゆっくりと飲みましょう。
白湯を作る場合、ミネラルウォーターでも水道水でもどちらでもOKですが、数分間沸騰させて40~50度くらいまで冷まします。
水道水の場合は数分間沸騰させることでカルキなどの不純物がとれ、口当たりがまろやかになると言われています。

もちろん、白湯は朝だけではなく、昼や夜に飲んでもOKです。
ただし、1日に飲む量は700ml~800mlにとどめ、1リットル以上は飲まないようにします。
水分を過剰摂取すると体に余計な水がたまり、むくみだけではなく逆に冷えの原因になってしまうからです。
また、1度作った白湯の沸かし直しは避け、最初から必要な量だけを作るようにしましょう。

-食事で冷え性対策

Copyright© 女性のための冷え性対策法 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.