「冷えは万病の元」と言われているように、冷え性は女性の体にとって大敵です。冷え性の知識と対策・改善方法を公開しています。

女性のための冷え性対策法

食事で冷え性対策

冷え性対策に「ちょっと足す」だけ!オリーブオイルの効果

更新日:

冷え性対策には、体を冷やす冷たい食べ物や飲み物ではなく、温かい食べ物や飲み物を摂るというのはもはや常識です。

でも、その温かい食べ物や飲み物にオリーブオイルを少し入れるだけでさらに冷え性対策になる、というのはご存じでしょうか?

オリーブオイルとは

まず、オリーブオイルとはその名のとおり、オリーブの実を絞って作られるオイルです。

オリーブオイルの成分の約70~80%がオレイン酸という一価不飽和脂肪酸に分類される脂肪酸で、他の脂質と比べて熱に強く、酸化しにくいという特徴があります。オレイン酸には、善玉コレステロールを減らすことなく悪玉コレステロールを下げる効果があるので、動脈硬化や心筋梗塞の予防に役立つほか、便秘予防にも効果的と言われています。

また、オリーブオイルにはオレイン酸の他に「若返りのビタミン」と言われるビタミンEやポリフェノールという抗酸化物質も含まれているので、老化防止や美肌効果などもあり、料理からスキンケアまで幅広い分野で使用され愛用者も多いのです。

オリーブオイルの種類

一口にオリーブオイルと言ってもいくつか種類がある事はご存じでしょうか?

日本で輸入されているオリーブオイルは「エクストラ・バージン・オリーブオイル」「オリーブオイル(ピュア・オリーブオイル)」「オリーブ・ポマースオイル」の3種類があります。

● エクストラ・バージン・オリーブオイル
オリーブの実を粉砕、圧搾しただけのもので、科学的な処理を一切していないオイルをバージン・オリーブオイルと呼びますが、その中でも、酸度が0.8以下で味や香り共に優れているものをエクストラ・バージン・オリーブオイルと呼びます。

● オリーブオイル(ピュア・オリーブオイル)
酸度3.4%以上のランパンテ・バージンオリーブオイルを精製して不純物などを取り除いた精製オリーブオイルに、バージン・オリーブオイルを混ぜたもの。酸度は1.5%以下。

● オリーブ・ポマースオイル
オリーブを搾った搾りカスに含まれる油分を、有機溶剤を使用して抽出し、精製してバージン・オリーブオイルを混ぜたもの。酸度は1.5%以下。

オリーブオイルには保温効果&血行拡張効果あり

オリーブオイルが冷え性対策にいいと言われる理由ですが、オリーブオイルの油膜には広がりやすいという特徴があり、保温状態を保ってくれる効果があります。

80℃の白湯に片方はオリーブオイルを入れて、片方はオリーブオイルなしという保温実験を実際に行ったところ、オリーブオイルが入った白湯のほうが保温効果が持続するという事がわかりました。つまり、温かい飲み物や食べ物にオリーブオイルを入れて食べる(飲む)ことで、オリーブオイルの油膜が蓋の代わりをして胃の中で温かさをキープし、それだけ体の中から温まる効果が高くなる、という事になります。

また、オリーブオイルに含まれるビタミンEは血管を拡張し、血行不良を改善する効果もあります。

どのオリーブオイルを選べばいい?

酸度が高いほど劣化しやすくなるため、冷え性対策や健康・美容目的で使用する場合は鮮度のよい「エクストラ・バージン・オリーブオイル」を選びましょう。

また、オリーブは品種や収穫時期によって色が異なるため、オリーブオイルの色は鮮度とは関係ありません。

そして、いくら健康や美容にいいからと言っても、油なのでカロリーがあり、摂り過ぎはよくありません。1日の摂取目安は大さじ1~2杯なので、温かい飲み物や食べ物にちょっとかけたり、炒め物の油にしたりと、適度に摂取しましょう。

-食事で冷え性対策

Copyright© 女性のための冷え性対策法 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.