「冷えは万病の元」と言われているように、冷え性は女性の体にとって大敵です。冷え性の知識と対策・改善方法を公開しています。

女性のための冷え性対策法

食事で冷え性対策

冷え性に有効な成分を大幅アップ!ウルトラ蒸し生姜とは

更新日:

生姜を食べると体がぽかぽかするように、生姜は冷え性対策には欠かせない食材です。

「じゃあ、生姜をそのまま食べればいいのね!」と思われるかもしれませんが、実は生の生姜は体の内部の熱を逃がす作用があり、冷え性の対策には向きません。

冷え性対策には「加熱した生姜」が有効

生姜が体を温めてくれる理由は生姜に含まれる辛味成分のショウガオールとジンゲロンという2つの成分のおかげです。

しかし、この2つの成分は生の生姜にはほとんど含まれていません。

生の生姜にはジンゲロールという成分が多く含まれていますが、生姜を加熱したり乾燥したりすることによりジンゲロールの一部がショウガオールとジンゲロンに変化し、全身をくまなく温めてくれるのです。

逆に生の生姜に含まれるジンゲロールは、手足などの末端の血管を拡張させて発汗を促し、体内の熱を逃がす働きがあります。そのため、生姜を生のまま食べることで体を冷やしてしまいますので注意しましょう。

生姜の温め作用を大幅に引き出す「ウルトラ蒸し生姜」

『冷え性対策に効果的!簡単「乾燥生姜」の作り方』で生姜の温め効果をパワーアップさせる乾燥生姜の作り方を紹介しました。

乾燥生姜の作り方はこちらの記事をチェック


冷え性対策に効果的!簡単「乾燥生姜」の作り方

体を温める食材と言えば生姜が有名ですが、生の生姜を食べるよりも加熱した生姜を食べたほうが冷え性対策に有効というのはご存じでしょうか? 生姜を細かく刻んで炒めものや温かいスープに使うだけでもOKですが、 ...

そこに「蒸す」という1工程加えるだけで、さらに体ポカポカ効果をアップさせることができます。
その名も「ウルトラ蒸し生姜」!

「蒸す+乾燥」の2工程でショウガオールを大幅に増やすので、生の生姜と比べて400倍のパワーがあると言われています。少し手間はかかりますが、冷え性を改善したいならぜひ活用してみましょう。

ウルトラ生姜の作り方

1. 生姜をスライスする
生姜は皮つきのまま使用します。皮のしま模様の目に沿って1~2ミリ程度の厚さにスライスします。
繊維の目に沿って切るのは、別方向から切ると繊維が毛羽たち触感が悪くなるためです。

2. 生姜を蒸す
蒸し器の中にクッキングシートや蒸し布をひいて生姜を重ならないように並べて30分程度蒸します。
この「蒸す」という事が必要で焼くのはNG。
80度~100度の温度、80%の湿度が一番ショウガオールが増えると言われています。

3. 蒸しあがりはにおいで判断
最初はレモンのようなにおいがしますが、30分程度蒸していると甘いにおいになります。
さらに、黒味をおびてきたら蒸しあがりです。

4. ざるなどにおいて乾燥
天日なら丸1日、室内なら1週間程度干してカラカラに乾燥させましょう。
発火の恐れがあるので、電子レンジを使用するのはやめましょう。

これで、ウルトラ蒸し生姜の完成です。

そのまま食べるとショウガオールが増加して辛いので、温かい紅茶に入れたり、鍋に入れたりして使用します。ミルサー等で粉状にすると色々と使いやすくなりますよ。

食べ過ぎは胃を痛めますので、1日2~3gが摂取量の目安です。

また、ウルトラ蒸し生姜の保存方法ですが、冷蔵庫にいれると風味が悪くなるので、容器などに入れて常温保存しましょう。きちんと乾燥させると3ヶ月程度は日持ちします。

-食事で冷え性対策

Copyright© 女性のための冷え性対策法 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.