「冷えは万病の元」と言われているように、冷え性は女性の体にとって大敵です。冷え性の知識と対策・改善方法を公開しています。

女性のための冷え性対策法

食事で冷え性対策

冷え性対策と言えば生姜!体をぽかぽか温める秘密とは

更新日:

体を温める食材と言えば生姜(しょうが)が有名です。

冷え性対策として積極的に摂り入れたい食材の一つですが、実は生姜の間違った食べ方で逆に体を冷やしてしまう可能性もあります。効果的な食べ方をおさらいして冷え性対策に役立てましょう。

生姜が体を温める理由とは

生姜を食べると体がぽかぽかしますが、その秘密は生姜に含まれる辛味成分が影響しています。

生姜を食べると強い辛味があるように、生姜にはジンゲロール・ショウガオール・ジンゲロンという3つの辛味成分が含まれています。

それぞれの効能として、下記のものがあります。
ジンゲロール・・・血管拡張、殺菌作用、免疫力の増加など
ショウガオール・・・血管拡張、強い抗酸化作用など
ジンゲロン・・・血管拡張、殺菌作用、食欲増進など

どの成分にも血管拡張作用があるので体を温める効果があると言われていますが、ジンゲロールの血管拡張作用は手足などの末梢の血管を広げる作用になります。手足は温かくなりますが発汗を促すことにより体の内部の熱を奪います。

一方で、ショウガオールとジンゲロンはジンゲロールとは違い、体の内部を温める作用なります。

冷え性対策には「加熱」した生姜を

生の生姜にはジンゲロールは多く含まれていますが、ショウガオールとジンゲロンはあまり多く含まれていません。特にジンゲロンは微量です。つまり、ジンゲロールが成分が多い生の生姜を食べる事により、冷え性対策どころか逆に体を冷やしてしまうことになるのです。

しかし、生姜を加熱することでジンゲロールは減少してショウガオールとジンゲロンが生成されるため、冷え性対策として生姜を食べるなら生のままよりも料理に使うなどして加熱して使用しましょう。

また、生姜はただ加熱するだけよりも「乾燥」又は「蒸して乾燥」をすることでもっと体ぽかぽか効果をアップさせる方法があります。
詳しくは下記の記事を見て下さいね。

http://hietaisaku.net/taisaku-food/drying-ginger/

http://hietaisaku.net/taisaku-food/mushi-ginger/

紅茶×生姜のWパワー「しょうが紅茶」の作り方

温かい紅茶に生姜を入れて飲む「しょうが紅茶」もおススメです。紅茶はお茶の中でも体を温める性質を持つので、紅茶と生姜のダブルパワーで体を温めます。

作り方はとっても簡単♪
生姜は皮の部分に栄養が多く含まれるので、よく洗って皮つきのまますりおろしましょう。
すりおろした生姜を熱い紅茶の中に入れればしょうが紅茶の完成です。
生姜の繊維が気になる方は、しぼり汁だけでもOK。
甘みが欲しい場合は、白砂糖ではなく黒糖や蜂蜜を入れましょう。

このしょうが紅茶を一日に数回飲めば、体がぽかぽかしてくるので冷え性対策に有効ですよ。

生姜は冷凍をしても栄養があまり変わらないので、いちいちすりおろすのがめんどくさい人は、すりおろして小分けして冷凍をしましょう。

すりおろすのがめんどくさい方はチューブタイプの生姜を使用してもOKですが、チューブタイプのものは生姜だけではなく保存料などの食品添加物も入っています。実は食品添加物も体を冷やす性質があるので、チューブタイプの生姜を使うと体を温める効果が薄まると言われています。

生姜の食べ過ぎには注意!

生姜は食べ物ですので特に副作用はありませんが、冷え性対策にいいからと言って食べ過ぎにもよくありません。

生姜には胃を刺激して血行を促進し、消化活動を活発にしてくれる働きがありますが、胃腸が弱っている人やもともと胃腸が丈夫ではない人が生姜を食べ過ぎると胃痛や腹痛、下痢などをおこしてしまう事もあります。高熱がある方、脱水症状の方、体が火照っている方、妊娠している方も過剰摂取はおススメできません。

-食事で冷え性対策

Copyright© 女性のための冷え性対策法 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.