冷え性と塩分摂取のバランス

冷え性の原因が塩分不足だった、ということもあるようです。

血液をなめるとしょっぱいように、塩=ナトリウムは私たちの体には必要不可欠なものです。
しかし最近では色々な所で「減塩」という言葉をよく耳にしますが、実は減塩を気にするあまり塩分不足の人が増えているそうです。

人間の体には血液やリンパ液・組織液などの細胞外液、細胞内に存在する細胞内液というものがあり、成人の場合はこれらの体液が体重の約60%を占めていると言われています。
細胞外液はナトリウムが多く、細胞内液にはカリウムが多く存在して、細胞の浸透圧のバランスを保っています。
塩分不足により体内のナトリウムが減ってしまうと、浸透圧のバランスが崩れ血液の水分量がへってしまう、いわゆる「ドロドロ血」となってしまいます。
ドロドロ血は血行不良を招き、血行不良が冷え性の原因となるのです。
実は塩分不足は冷え性だけではなく、むくみや疲れ、食欲不振など様々な症状の原因にもなりますので極端な減塩には注意しましょう。

しかし、逆に塩分を多く取り過ぎてしまうと、浸透圧のバランスが崩れて血液の水分量が増えむくみや高血圧の原因にもなると言われていますので気をつけましょう。
そして、しょっぱいものを食べると水が飲みたくなりますが、水をたくさん飲むことで水分過多になり、水分過多が冷え性の原因になる場合もあります。

また、摂取する「塩」も精製された塩(食塩)ではなく出来れば自然塩を使用した方がいいようです。
精製塩はナトリウム分がほとんどですが、自然塩はナトリウム、カリウム、カルシウムなどがバランスよく含まれています。
カリウムは余分なナトリウムを尿と一緒に排出する働きがあるので、自然塩の場合は多少取り過ぎても問題はないと言われています。

スポンサーリンク