冷え性は痔を悪化させる

冷え性になるとになったり、痔を悪化させる原因になると言われています。

日本人の3人に1人は痔持ちと言われ、痔で悩む女性もたくさんいます。
また、妊娠中や生理中の方は痔になりやすい傾向にあるようです。

まず、一言に痔と言っても、痔には「切れ痔」「いぼ痔」「あな痔」の3種類あります。

◆切れ痔・・・肛門が切れてしまうことによりできる痔。男性よりも女性に多い痔です。

◆いぼ痔・・・肛門の血行が悪くなり、静脈がうっ血して静脈瘤と呼ばれるイボになって
しまうためにできる痔。
痔の患者の約60%がいぼ痔と言われ、男女ともに共にできやすい痔です。

◆あな痔・・・肛門の歯状線の肛門腺という小さなくぼみに細菌が入り込んで炎症をおこ
し、膿がでる穴を作ってしまうためあな痔と呼ばれる。
下痢をしやすい男性に多い痔で、他の痔と違い手術しか直す方法はないと
言われています。

体の冷えは体が血行不良をおこしている状態です。
特に女性は下半身が冷えやすい傾向にあるので、下半身が冷えているということは当然おしりの血行も悪く、痔になったり悪化させる原因になってしまいます。
寒い冬はもちろんですが、夏場も冷房などで体が冷えないように工夫をすることが痔にならない、悪化させないためには大切です。

また、痔を防ぐためには便秘や下痢にならないように快便を心がけることも重要です。
冷たいものの飲み過ぎ、食べ過ぎは内臓の冷えを招き、腸内環境を悪くして便秘や下痢の原因になります。

そのほかにも、便秘を防ぐには・・・
◆食物繊維を含む食品を多く食べる
◆便意をもよおしたら我慢しないようにする
◆朝起きたら水を飲むようにする
◆朝食は必ず食べる
◆便秘薬に依存しない
◆トイレに入っても無理にいきまないようにする

下痢を防ぐには・・・
◆ストレスをためないようにする
◆アルコールや刺激物の飲食はほどほどに

など以上のことに気をつけましょう。
また、痔と大腸がんの症状は似ていると言われていますので、気になるようでしたら恥ずかしがらずに専門の医者に診てもらうようにしましょう。
女医さんがいる病院もたくさんありますよ。

スポンサーリンク