「冷えは万病の元」と言われているように、冷え性は女性の体にとって大敵です。冷え性の知識と対策・改善方法を公開しています。

女性のための冷え性対策法

冷え性の影響・症状

「もしかして臭い?」体臭がきついのは冷え性が原因かも

更新日:

一般的に女性よりも男性の方が体臭がきつくなりやすいものですが、女性でも体臭に悩む方は多くいます。

体臭の原因は色々とありますが、冷え性体質の方は意外にも冷え性が体臭の原因かもしれません!

一口に体臭と言っても口臭や汗の臭い、足の臭いなどがありますが、冷え性は様々な体臭に影響を与えます。

腸内環境の悪化は口臭や体臭の原因に

腸内環境が悪化するのは肉類の食べ過ぎやお酒の飲み過ぎ、運動不足やストレスなども原因になりますが「内臓の冷え」も原因の1つになります。

冷え性による血行不良や冷たいものの食べ過ぎや飲み過ぎで内臓の冷えを招きますが、手足は温かく内臓だけが冷えているタイプもあり、冷え性だと気がつかない場合も多いのです。

そして、腸内環境を健やかに整える善玉菌は冷えに弱いので、内臓が冷えることで活発に働かなくなり、その結果悪玉菌が増え腸内環境を悪化させます。腸内の悪玉菌が多いと、摂取した食べ物のタンパク質を腐敗させ、アンモニアやインドール、スカトール、硫化水素といった有害物質を発生させます。

便やおならが臭くなるのはこれらの有害物質が原因ですが、臭いの元となる有害物質は腸から血液に吸収されて、臭い血液が全身をめぐるようになります。

臭い血液は口臭を発生させるだけではなく汗の原料にもなるので、臭い汗を作り出して体臭の原因になるのです。

ベタベタとした「悪い汗」が臭いの原因に

まず、汗を出す汗腺にもアポクリン汗腺とエクリン汗腺の2種類あるのをご存知でしょうか。

● アポクリン汗腺
アポクリン汗腺はワキや陰部、耳など体の一部に分布している汗腺で、アポクリン汗となって毛穴から排出されます。

アポクリン汗は成分が水分、たんぱく質、脂質、アンモニアなどとなっていて臭いがあります。

ワキガの原因となっているのもアクポリン汗腺ですが、元々は異性を引き付けるフェロモンの役割があったと言われています。

● エクリン汗腺
エクリン汗腺は全身の肌に分布している汗腺で、頭や顔、手のひらや足に多くあります。

一般的にはエクリン汗の成分の約99%が水分になり、べたつきや臭いが少なくサラサラとしています。

人間の出る汗のほどんどはエクリン汗腺から排出されます。

体温の調節を司る自律神経は体が熱くなると「汗を出す」ように指令を出して、汗を蒸発させて体内の熱を逃がし、体温を下げるという役割があります。汗の原料は血液のため、血液が汗腺に取り込まれて汗となって体外に排出されますが、塩分やミネラルなどの水以外の成分は汗腺の機能によって再び体内に再吸収されます。

そのため、エクリン汗の約99%が水分になりますが、通常ならこのほぼ水分のサラサラとした汗が、べたべたとした臭いのある「悪い汗」になってしまうこともあります。

汗腺の機能が弱まると

冷え性の多くは自律神経の乱れによるもので、自律神経が乱れると全く汗をかかなくなったり、手や足、脇等に部分的に汗をかくという事がおこります。

うまく汗をかかない状態が続くことで汗腺の機能が弱まってしまいます。

汗腺の機能が弱まると塩分やミネラルが体内に再吸収されずに汗と一緒に排出してしまいます。これが「悪い汗」にと言われ、塩分やミネラルが含まれているのでベタベタ・ネバネバしていて蒸発しにくく、体温を下げる効果も弱まってしまいます。

この悪い汗が体臭のもとになるのです。

「普段あまり汗をかかない」と感じている方は汗腺トレーニングをしましょう。

定期的な運動、半身浴や高温反復浴の入浴方法などでたくさん汗をかくことで汗腺を鍛える事ができ、悪い汗をいい汗に変える事ができます。

足が臭い!のも冷え性が原因

夏のサンダルを履いた後や冬のブーツを履いた後など、むわっとした足の臭いで悩んでいる人も多いのではないでしょうか。

体の中でも足の裏はエクリン汗腺が多くあり、汗をかきやすい所なので「足の臭いも汗が原因なの?」と思われるかもしれませんが、足の臭いの主な原因は雑菌の繁殖です。

皮膚にはもともと「皮膚常在菌」という雑菌が存在し、皮脂や角質をエサとして食べて皮膚のバリア機能を作り出し、外部からの病原菌や刺激から肌を守ってくれるという役割があります。この雑菌が皮膚や角質を分解する際に臭いの元である「イソ吉草酸」という成分を発生させ、足の臭いを作り出していると言われています。

しかし、正常な雑菌の数でしたら足の臭いもそれほど気になりません。ポイントは足に発生しやすい「角質」と「汗」です。

かかとがガサガサになる「角化症」

足の裏は歩く時の摩擦などでもともと角質ができやすい部分ではありますが、新陳代謝が正常に行わないとお肌の一番外にある角質層がはがれずにどんどん蓄積し、そこに乾燥が加わってひび割れたりガサガサなるといったかかとトラブルがおこります。

このような症状を「角化症」と言います。

新陳代謝は年齢的な要素もありますが、冷え性による血行不良も新陳代謝を乱す原因にもなり、足の冷えに悩む人は角化症に悩んでいる人も多いのです。

冷え性と角化症の関係はこちらの記事をチェック


冷えはかかとの角化症の原因に。かかとトラブル解消法

かかとが厚く硬くなり、ガサガサになったりひび割れたりする事を「角化症」と言いますが、冷え性もかかとの角化症の原因になります。 「カサカサかかとが気になってサンダルが履けない」「カサカサかかとにストッキ ...

足の冷えは足汗をかきやすい

また、足の裏は汗腺が多いためもともと汗をかきやすい部分ではありますが、冷え性では「足が冷えているのに足汗をかく」という事もおこります。

体が熱くなると自律神経が「汗を出せ」と指令を出して体温を一定に保ちますが、足が冷えている人はその温度が低めに設定されているため、ちょっとした体温の変化で体温調節機能が働き、足に多く汗をかくようになります。

そして、冬のブーツは通気性が悪く、夏のサンダルも素足で履くことが多いので意外にも蒸れの原因になります。

こうした角質や汗、蒸れを餌に雑菌が異常繁殖し、その結果あの不快な足の臭いが発生するのです。

足の臭いを消すには丁寧な洗浄を心がけましょう。爪の間にたまる垢は臭いの元になるのでつまようじなどで定期的に取り除き、指と指も間も手の指を使ってよく洗浄します。

また、足の冷えが気になる方は足湯やマッサージなどで足の血行をよくすることも大切です。

-冷え性の影響・症状

Copyright© 女性のための冷え性対策法 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.