体が冷えると生理痛は重くなる?生理痛を緩和するには


生理痛は体が冷えることで痛みが激しくなるというのをご存知でしたか?

中には生理痛が無いラッキーな人もいますが、生理痛の痛みの強さは人によって様々で、痛みが軽い人もいれば生理のたびに激しい痛みに苦しむ人もいます。
では体の冷えと生理痛はどのような関係があるのでしょうか。

このそもそも生理というのは不要になった子宮内膜が剥がれ落ち、経血と共に子宮外へ排出される現象をいいます。
経血は子宮が収縮することで子宮外に排出されますが、子宮の収縮を促すのがプロスタグランディンというホルモンです。
そして一般的な原因として生理痛がおこるのが、この子宮の収縮が原因と言われています。
体が冷えて血行が悪くなると、骨盤まわりの血行も悪くなり経血の排出もされにくくなります。
そのため、より多くのプロスタグランディンを分泌させて、過剰に子宮の収縮をおこさせるため生理痛がひどくなってしまうのです。

生理中は体を冷やさないように気をつけましょう。
生理痛がある場合は、腹巻でお腹を温めたり、使い捨てカイロをお腹や腰まわりに貼ると生理痛が緩和させるようです。

そして、生理痛緩和におススメしたいのが布ナプキンです。
布ナプキンとは生理用の使い捨てナプキンが布でできているもので洗濯をすれば何度も繰り返して使用することができます。

管理人は生理痛がもともとそんなにひどくはないので使用して「生理痛が無くなった」と言う事は特にありませんが(布ナプキンを使い始めたのも生理痛緩和ではありません)、使い捨てナプキンから布ナプキンにしたことで「生理痛が緩和した」という人が多くいます。
管理人も布ナプキンを初めて使用したときは驚きましたが、とにかく寒い冬でも布ナプキンは暖かいんです。
上記で説明した「体を冷やすと生理痛が激しくなる」ということを考えたら、布ナプキンを使用してお尻まわりを温めることで生理痛が緩和されるのでは、と言われています。
布ナプキンのことは「冷え性対策にも♪体にやさしい布ナプキンの魅力」で詳しく書いてますので興味をもたれた方は見てみて下さい。

ちなみに、生理痛の原因はもちろん子宮の収縮だけではなく、子宮内膜症や子宮筋腫など病気が原因のものもありますので、気になる人は医者に相談してみてくださいね。

スポンサーリンク