「冷えは万病の元」と言われているように、冷え性は女性の体にとって大敵です。冷え性の知識と対策・改善方法を公開しています。

女性のための冷え性対策法

冷え性の影響・症状

冷え性は「熱中症」のリスクを高める!原因と対策法

更新日:

夏になると怖いのが「熱中症」です。

熱中症で倒れ病院に運ばれるニュースを見て「私は冷え性だから熱中症にはならない」なんて思っている方、実は冷え性は熱中症のリスクを高めるというのをご存じでしたか?

冷え性が熱中症のリスクを高める理由

熱中症は、高温多湿の環境下で水分や塩分のバランスが崩れたり、体温調節の機能がうまく働かなくなる事が原因でおこります。そのため、体内に熱がこもってしまい、めまいや吐き気・頭痛などの症状が出るようになり、最悪の場合死に至る事もあります。

冷え性は体が冷えているので熱中症とは無縁そうですが、冷え性とはそもそも「体温調節の機能」がうまく働かないから冷え性になるのです。冷え性にも色々な原因がありますが、その多くは自律神経のバランスが崩れる事が原因です。

自律神経とは呼吸や内臓、血管など体の様々な機能をコントロールしている神経で、体温を一定に保つのも自律神経の働きによるものです。

体温が一定に保たれるように、体が熱い時と寒い時には下記のような働きをします。
● 体が熱い時には
血管を広げてたくさんの血液を流し、汗を蒸発させて体内の熱を逃がして体温を下げる
● 体が寒い時には
血管を収縮させて血液の流れを少なくし、体内の熱を逃がしにくくしたり、自然に筋肉をブルブル震わせて体温を上げる

しかし、自律神経のバランスが崩れると体温調節機能が正常に働きにくくなり、体が熱くてもうまく汗をかけない、といった事がおこるようになります。

実際、冷え性の人の中には「汗を全くかかない」「一部分だけ汗をかく」人も多く、汗をかけない事で体内に熱がこもりやすくなり、熱中症のリスクを高めると言われているのです。

また、汗をかかない状態が続いていると汗腺の機能が弱まります。汗腺の機能が弱まると、もし汗をかいたとしてもべたべたとした臭いのある「悪い汗」をかくようになり、体温を下げる効果も薄くなります。

そのため、「熱い時にきちんと汗をかく」というのはとても重要な事なのです。

「悪い汗」についてはこちらの記事をチェック


「もしかして臭い?」体臭がきついのは冷え性が原因かも

一般的に女性よりも男性の方が体臭がきつくなりやすいものですが、女性でも体臭に悩む方は多くいます。 体臭の原因は色々とありますが、冷え性体質の方は意外にも冷え性が体臭の原因かもしれません! 一口に体臭と ...

熱中症を予防するには

熱中症を予防するには以下の点に注意しましょう。
・直射日光や炎天下、高温多湿の環境に長くいないように気をつける
・無理な運動や作業は控える
・こまめな水分補給を心がける

最近は炎天下の屋外だけではなく、室内でも熱中症になる人が増えているので気をつけましょう。

冷え性の人は体が冷えるので冷房が苦手な人も多いですが、暑い日には適切にエアコンを使用して室内の温度を下げてあげる事も大切です。また、体に熱がこもらないように風通しの良い服を着ましょう。

冷え性対策が熱中症対策になる

冷え性対策をすることが熱中症対策になるとも言われています。

自律神経は、ストレスや寝不足、過度なダイエットなど間違った生活習慣が大きく影響します。特に女性の場合、ホルモンバランスの崩れが原因で自律神経も乱れてしまいますが、ホルモンバランスも間違った生活習慣で簡単に崩れてしまいます。

また、特に夏は冷たいものの食べ過ぎや飲み過ぎ、冷房の強く効いた部屋に長時間いるということで夏の冷えを招き自律神経を乱す原因にもなりますので注意しましょう。熱中症とまではいかなくても、夏の冷えは夏バテや秋バテなど体調をくずす原因にもなりますよ。

夏だからこそ体を冷やさない生活を!

間違った生活習慣を改善しつつ、体を温める物を食べる、適度に運動する、シャワーだけで済まさず湯船に入る、などをして意識的に体を温めるようにしたいですね。

-冷え性の影響・症状

Copyright© 女性のための冷え性対策法 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.