「冷えは万病の元」と言われているように、冷え性は女性の体にとって大敵です。冷え性の知識と対策・改善方法を公開しています。

女性のための冷え性対策法

冷え性の影響・症状

内臓冷えは夏太りの原因になる

更新日:

内臓の冷え夏太りの原因になる、ということをご存じでしょうか?

人間の体は基礎代謝が高いと太りにくく痩せやすい体を作ることができます。
しかし、基礎代謝は1年間同じではなく、実は冬よりも夏のほうが基礎代謝が落ちると言われています。
寒い冬は体温を維持するため多くのエネルギーを必要とし基礎代謝が上がりますが、暑い夏はあまりエネルギーを必要としないため基礎代謝が落ちるのです。

「食欲の秋」という言葉がありますが、秋に食欲が増すのは寒い冬に備えて脂肪をため込もうとしているためです。
しかし、冬は基礎代謝が高いため、しっかりと運動をすれば夏よりもダイエットに適しているとも言われています。

暑い夏はどうしても冷たい飲み物や食べ物ばかり食べてしまいがちですが、それが内臓を冷やす原因になってしまいます。
そうすると脳が「冬が来た」と勘違いをして脂肪をため込もうとします。
しかし、夏は基礎代謝が落ちるので夏太りを作ってしまうのです。

また、「栄養失調太り」という言葉があります。
栄養失調というは三大栄養素の炭水化物、タンパク質、脂質と、ビタミンやミネラル等の栄養素をバランスよく摂取していない状態を言います。
夏は冷たい飲み物や食べ物の取り過ぎで内臓が冷え、内臓が冷えると胃腸の動きが悪くなり消化不良に陥ります。
そして、消化不良でも食べやすくあっさりとした素麺やそばなどをとる機会が多くなってしまいます。
しかし、麺類は以外にカロリーが高く、それに加えて夏はアイスクリームやビールなど他にも冷たくてカロリー高い物を食べる傾向にあります。

内臓の冷えは夏太りだけではなく、腸が冷えることによって免疫力が落ちるので「疲れやすくなる」「風邪をひきやすくなる」など体の不調が出る場合もあります。
また、女性の場合は冷えが生理痛の原因になることも。
冷たい食べ物や飲み物ばかり取り過ぎず、飲み物は常温の物を飲むなど内臓を冷やさないように気をつけましょう。

-冷え性の影響・症状

Copyright© 女性のための冷え性対策法 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.