「冷え」と「むくみ」は併発しやすい?女性が悩む足のむくみの原因

冷え性と同じように、むくみも女性に多いと言われています。

「夕方になると足がむくんでブーツが脱ぎづらい」
「足がパンパンになってだるい」
など、特に足のむくみに悩んでいる方も多いのではないでしょうか。

そして、そのむくみと冷え性、深い関係があるのをご存じでしょうか?

むくみと冷え性の関係

むくみは浮腫(ふしゅ)といい、体の組織の細胞間に余分な水と老廃物がたまった状態を言います。

血液中には、細胞に必要な栄養素や酸素が含まれています。血液は心臓から送り出されて動脈を通り、体中を巡っていますが、「血漿(けっしょう)」という血液の成分の一部は毛細血管を通り、血管の外に染み出します。そして「血漿(けっしょう)」は「組織液」となり、各細胞にこれらの栄養素を届けて、過剰な水分や老廃物を回収して再び心臓に戻ってきます。そしてリンパ管には血液が回収しきれなかった水分や老廃物を回収する役割があります。

しかし、静脈の流れが滞ってしまうと、水分や老廃物は回収されません。また、血液の流れが滞ってしまう事が原因でリンパ管の流れも悪くなってしまい、同じように水分や老廃物は回収されなくなってしまいます。その余分な水分と老廃物が細胞間に溜まり、「むくみ」となって現れるのです。

むくみが出る原因はいくつかありますが、むくみと冷え性は表裏一体で、むくみがあると体に溜まった余分な水分で体が冷え、また、体が冷えると血行不良を引き起こすのでむくみに繋がる、と言った悪循環に陥ることがありますので注意が必要です。

足のむくみの原因とは

足のむくみにもいくつか原因があります。

運動不足による足のむくみ

デスクワークや立ち仕事が多いと足はむくみやすくなります。その理由はふくらはぎの筋力の低下です。

足は特に心臓よりも遠くて下にあり、重力の関係上、血液を足から再び心臓に戻すには心臓の力だけでは難しいので心臓の他に強いポンプ作用が必要になります。その強いポンプ作用として働くのがふくらはぎの筋肉です。ふくらはぎは「第2の心臓」とも言われ、ふくらはぎの筋肉が収縮・弛緩する作用によって、血液を上へ上へと押し上げています。

しかし、デスクワークが多いとどうしても運動不足になりがちです。運動不足などでふくらはぎの筋力が低下すると血液を上へ押し上げるポンプの力が弱くなってしまいます。また、同じようにリンパも筋肉運動によって流れています。そのため、ふくらはぎの筋肉を使わないでいると静脈やリンパ管が余分な水分や老廃物を回収できなくなるばかりでなく、血液の流れが滞ることにより血管から水分が染み出してむくみの原因になります。

また、長時間の立ち仕事の場合、重力により足に血液が溜まりやすくなります。すると静脈の血管内の圧力が高くなり、血液中の水分がにじみ出て細胞間に溜まり、むくみとなって現れます。

塩分と水分の取りすぎ・少なすぎでもむくみが出る

塩分と水分は多すぎても少なすぎてもいけません。

まず塩分ですが、塩分は多く摂りすぎる事で浸透圧のバランスが崩れ、血液中の水分が増えるのでむくみの原因になります。しかし、逆に少なすぎても体内がナトリウム不足となり、これもまた浸透圧のバランスを崩すことになりむくみが発生します。

そして、水分を多く摂りすぎてしまうと血液中の水分が増え、余分な水分が溜まりむくみの原因になります。

逆に水分不足になると、いわいる「ドロドロ血」を作り出し、血液の流れが悪くなるため、余分な水分や老廃物を回収できなくなります。また、体が脱水症状を防ぐため、細胞間にある水分を出そうとしてむくみが発生します。

ふくらばぎの筋肉を鍛える「かかと上げ運動」

デスクワークや立ち仕事が多い方はふくらはぎの筋肉を使わない事が多いので、意識的にふくらはぎを鍛えてあげる必要があります。

そこで、ふくらはぎの筋肉を鍛える『かかと上げ運動』のやり方を紹介します。ふくらはぎの筋肉を鍛える事により、ポンプ機能を働かせ血液を上へ押し上げる事ができます。

座ったままでも立ったままでもOK。とても簡単にできるので仕事の合間や休憩時間、家事をしながらなど、スキマ時間を利用して行いましょう。

● 座ったままでかかと上げ運動
・椅子に腰かけて背筋を伸ばし、両足をそろえます。
・足の指をしっかりと床につけ、指で床を押すような感じでかかとをゆっくりと上げ下げします。

● 立ったままでかかと上げ運動
・足を肩幅と同じくらいに開きます。
・つま先立ちをするようにゆっくりとかかとの上げ下げをします。

この時にできれば「かかとを上げる時は息を吸い」「かかとを下げる時は息を吐く」という呼吸法を取り入れましょう。

マッサージやレッグウォーマーもむくみには有効

他には、リンパマッサージをして足の冷えの解消やリンパの流れをスムーズにしたり、足を高くして寝る、などの方法もあります。足を高くして寝るのは、心臓よりも足を高くしておくと足に溜まった老廃物や水が血液と一緒に流れるためです。

また、レッグウォーマーを使用してふくらはぎを温めるて血行をよくすることも有効です。最近では、通気性の良い夏用のレッグウォーマーも出ているそうなので、活用してみてはいかがでしょうか。

ただし、あまりきついものだと足を締め付けてしまい、逆に血行不足となるため、ゆったりと履けるものを選びましょう。

慢性的なむくみには要注意

足のむくみにも一過性のものと慢性的なものに分けられます。

ただ単にふくらはぎの筋肉の低下や水分・塩分のバランスが崩れているだけではなく、腎臓や肝臓、心臓の低下が原因でむくみを引き起こすこともあります。

また、足の静脈にある静脈弁が壊れてむくみが発生するケースも。下肢静脈瘤(かしじょうみゃくりゅう)といい、妊娠や出産、長時間の立ち仕事、運動不足などで静脈の逆流を防ぐための静脈弁に負担がかかることで静脈弁が壊れ、足に血液が溜まってしまう病気です。

足のむくみの多くは一過性のもので一日経てば治るものがほとんどですが、
・何日もむくみがおさまらない
・足の血管がコブのようにボコボコと膨らんでいる
・足の痛みを伴ったむくみ
・むくみが押してもへこまない
など「おかしいな?」と思う足のむくみがありましたら、病院で相談されることをおすすめします。

スポンサーリンク