「手足が冷える」末端冷え性の原因と対策

末端冷え性とは、冷え性の症状の一つで、体は温かいのに手足が冷えている状態のことです。
冬だけではなく、夏の冷房でもおこる事もあり、手足の冷えだけではなく「しびれ」や「痛み」を伴う事もあります。
「手足がかじかんで痛い」「手足が冷たくて眠れない」など、悩んでいる女性は多いのです。

末端冷え性の原因は、自律神経が関係していると言われています。
自律神経には「交感神経」と「副交感神経」というものがあり、この二つがうまくバランスをとりながら体の様々な機能をコントロールしています。

「交感神経」は、緊張や興奮など心身ともに活発にする神経で、主に昼間に動き、
「副交感神経」は、休む・寝るなどリラックス状態になる神経で、主に夜に働きます。

そして、自律神経のバランスが崩れると交感神経が活発になってしまい、血管が縮んで体の血行が悪くなります。
血液は心臓から送り出されて体中をめぐっていますが、血行が悪くなると手足よりも先に重要な内蔵に血液が集まるようになるため、末端の手足に血液が行きにくくなり、末端冷え性になると言われています。

実は末端冷え性は男性よりも女性に多いと言われている冷え性です。
自律神経のバランスが崩れる原因はストレスや過度のダイエット、睡眠不足など人それぞれですが、自律神経は女性ホルモンとも密接な関係にあるため、ホルモンバランスの乱れが自律神経の乱れにもつながるからです。
ホルモンバランスも不規則な生活習慣で乱れてしまうため、末端冷え性に悩む方は生活を整えるように気をつけましょう。
末端冷え性をそのまま放置していると、今度はもっと危険な「低体温」になってしまう可能性があります。

自律神経を整えるだけではなく体を冷やさない工夫も必要です。
体の冷えは血行不良をおこし、血行不良が冷え性になる、という悪循環に陥ります。
特に内臓(お腹)を温めると末端冷え性対策になりますので、腹巻をする、体を温める食材を摂るなどして意識的に体を温めましょう。

また、簡単なストレッチとして、手や足の指をグー・パーすると血行がよくなり、一時的ですが末端冷え性が改善されます。

スポンサーリンク