「冷えは万病の元」と言われているように、冷え性は女性の体にとって大敵です。冷え性の知識と対策・改善方法を公開しています。

女性のための冷え性対策法

冷え性の影響・症状

冷え性と目の下のクマは関係ある?

投稿日:

冷え性になると体に色々な症状が出てきますが、目の下のクマも冷え性が原因でおこる場合があります。
目の下にクマがあると疲れた感じにみられるばかりか、老けた印象を与えてしまったりと女性には大敵ですよね。

目の下のクマにも種類がいくつかありますが、冷え性が原因なのが「青クマ」と呼ばれている青黒いクマのこと。
青クマは目の周りのうっ血、つまり血行不良によっておこります。
では、どうして血行不良になると青クマができるんでしょうか。

血液が赤いのは、血液中に存在する赤血球の中にあるヘモグロビンによるものです。
ヘモグロビンは血行が良いときは酸素と結合して鮮やかな赤い色をしていますが、血行が悪くなると血液中の酸素が不足してしまいヘモグロビンの色も暗赤色になってしまいます。

実は目の周りの皮膚は卵の薄皮程度の薄さしかなく、体の皮膚の中で一番薄いと言われています。
そして目のまわりにはたくさんの毛細血管があり、ヘモグロビンの色が暗赤色になると皮膚から毛細血管が透けて見えて目の下の部分が黒ずんで見えます。
それが「青クマ」の正体です。

青クマができる原因はストレスや寝不足・疲労などですが、このような生活が続くと自律神経のバランスが崩れて冷え性になる事があります。
体が冷えると目元も冷えることがあり、結果「青クマ」ができてしまうんです。

また、目の疲れも血行不良を招き、青クマの原因になるのでパソコンなどで目を酷使している人は注意しましょう。

青クマを解消するには、目の周りのツボを押す・目の周りをマッサージ・目を温めるなどをして、目の周りの血行を良くする事が大切です。
もちろん冷え性の人は目の周りだけではなく、根本的な冷え性対策をしましょう。

-冷え性の影響・症状

Copyright© 女性のための冷え性対策法 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.