冷えはかかとの角化症の原因に。かかとトラブル解消法

かかとが厚く硬くなり、ガサガサになったりひび割れたりする事を「角化症」と言いますが、冷え性かかとの角化症の原因になります。

「カサカサかかとが気になってサンダルが履けない」「カサカサかかとにストッキングが引っかかって伝線して困る」と悩んでいる人は少なくないと思います。
ひどくなるとひび割れて血が出る、ざっくり割れて痛くて歩けないというトラブルがおこる事もあります。

女性ならばできればツルツルとしたキレイなかかとでいたいものですね。

かかとの角化症はどうしておこる?

かかとが厚く硬くなるのは角質層が蓄積したためです。

かかとは体重や歩く時などの圧迫や摩擦によりお肌を守るとするため、もともと角質ができやすい部分でもありますが、「血行不良」や「乾燥」が加わることによりかかとが硬くなったり、ガサガサやひび割れの原因になります。

私たちの肌は古い細胞が新しい細胞に入れ替わり、古い細胞は最終的には垢(角質)となって剥がれ落ちます。このサイクルを新陳代謝と言いますが、新陳代謝が正常に行なわれないとお肌の一番外側にある角質層がはがれにくくなってしまいます。

そしてそのまま角質層を放置しておくとどんどん蓄積していきます。

古くなった角質層はもともと水分が少ないうえに、冬などの乾燥する季節になるとお肌の水分量が少なくなるので、かかとがカサカサになったりひび割れたりするのです。もちろん、夏のエアコンも空気を乾燥させる原因になります。

新陳代謝が正常に行なわれない理由は年齢的なものもありますが、血行不足も原因の一つですので、冷え性の人はガサガサかかとになりやすいようです。

また、かかとの角質が厚くなる原因に「かかとの水虫」ということもあります。角質増殖型水虫といい、かかとが厚く硬くなったり、粉をふいた状態になる事もありますが、痒みがほとんどないので気づかない人も多いのだとか。

気になる人は一度医者に見てもらったほうがいいかもしれませんね。

ガサガサかかとを解消!かかとのケアの方法

かかとのカサカサが気になる場合は、足湯や入浴をして皮膚をやわらかくした後に、スクラブや軽石などを使って余分な角質を落とします。

しかし、かかとの角質の落とし過ぎは逆にかかとを守ろうとする機能が働いて角質が厚くなるため、毎日のお手入れはNGです。週1~2回くらいのお手入れがよいとされています。

その後にクリームなどを塗って靴下やかかと専用靴下を履いてしっかりと保湿しましょう。

また、足湯や半身浴などをして血行を促進し、新陳代謝を促すようにすることも大切です。

「かかとちゃん」は冷え性対策にもおススメ!

かかと専用靴下と言えば、CMでもおなじみの「かかとちゃん」。かかとちゃんはかかとケアだけではなく寒い冬の冷え性対策にもおススメです。

管理人も冬になるとかかとのガザガザやひび割れに悩んでいましたが、毎晩かかとちゃんを履いて寝るようにしたらガサガサ・ひび割れがなくなり、ツルツルのままでいられます。もちろんほおっておくとガサガサになってしまうので、毎晩履く必要はありますが、寝る前に履くだけなので簡単です。お肌がしっとりしているお風呂上りに履くのがおススメ。

そして、生地にチタンメタルを特殊コーティング加工しているおかげなのか、足先がとても温かいのです♪

以前は寒い冬は足元に湯たんぽを置いて布団を温めておかないと足が冷えて眠れませんでしたが、かかとちゃんを履くようになってからというもの湯たんぽ不要で寝られるようになりました。

かかとケア商品をAmazonで探す
かかとケア商品を楽天市場で探す

スポンサーリンク