冷え性が不妊の原因?体を温めて妊娠力をUP

冷え性や低体温になると妊娠しにくい体、つまり不妊になりやすいと言われています。
不妊になる原因は色々とあるのでもちろん冷え症だけが原因ではありませんが、体を温めるようにして冷えを改善するのも妊娠しやすい体を作る上では重要なことなのです。

ではなぜ冷え症と不妊が関係しているのでしょうか。
冷え症の大体の原因は血行不良によるもので、血行不良が体の冷えを引き起こし、体の冷えが血行不良を引き起こすという感じで悪循環に陥ることもあります。
しかし、妊娠する上で血液は不可欠なものです。
血行不良により卵巣に血液がスムーズに流れなくなると女性ホルモンの分泌が低下し、女性ホルモンのバランスが崩れてしまいます。
子宮や卵巣は女性ホルモンの働きにより機能しているため、ホルモンバランスが崩れてしまうと正常に機能しなくなってしまうのです。
また、血液は栄養や酸素などを運ぶ役目もあるので、血行不良により卵巣や子宮に十分な栄養が届かなくなると排卵や着床がしにくくなります。
このことから、冷え症が不妊に影響していると言われてるのです。

自分に冷えの自覚があるならいいのですが、中には手足が温かいため冷えや低体温に気がつかない場合もあるので注意が必要です。

冷え性や低体温になる原因はストレスや不眠などの生活習慣の乱れや、冷たいものの飲みすぎ・食べ過ぎなどの食習慣の乱れや運動不足など人により様々ですが、生活習慣を見直して冷えを改善し、運動をしたり体を温めてくれる食べ物を食べたりとなるべく体を温める生活を送りましょう。
また生理中は体が冷えやすいので、この時期には特に体を冷やさないように服装などにも気をつけましょう。
生理中の冷え性対策には布ナプキンがおススメです。
詳しくは冷え性対策にも♪体にやさしい布ナプキンの魅力を♪

スポンサーリンク