冷えのぼせの原因と対策

冷えのぼせとは、冷え性の症状の一つです。
・上半身は熱くて顔が火照る・のぼせているのに、下半身や手先・足先は冷たい。
・上半身だけ汗をかく。
など、のぼせているのになぜ?と思うかもしれませんが、下半身の血液が上半身に溜まってしまうことにより、このような症状がおこります。

冷えのぼせの原因は血行不良によるものです。
血液循環が上手くいかず上半身に血液が上がってしまうため、上半身は熱を持ち・下半身は冷えてしまいます。
そのため、上記のような症状がおこるのです。
このような場合は半身浴などで下半身を温めることによって血液循環がよくなります。
どうしても頭がのぼせてつらいという時は、適度に頭を冷やしてもOKです。

また、女性ホルモンバランスの崩れも冷えのぼせの原因にもなります。
(詳しくは女性ホルモンバランスの崩れによる冷えを見てください。)
女性ホルモンバランスはストレスや無理なダイエット、寝不足などで崩れやすいので、このような原因が当てはまる人は生活習慣を見直しましょう。
また、更年期におこる更年期障害でも「冷えのぼせ」の症状を訴える方女性が多くいますが、更年期障害も女性ホルモンバランスが崩れることが原因なのです。
更年期障害の場合は医者に相談することで症状を改善することができるそうです。

冷え性全般に言えることですが、冷えのぼせの症状がひどい場合はその他の原因もありますので、早めに医者に相談しましょう。

スポンサーリンク