「冷えは万病の元」と言われているように、冷え性は女性の体にとって大敵です。冷え性の知識と対策・改善方法を公開しています。

女性のための冷え性対策法

冷え性対策グッズ

冷え性やかゆみ、かぶれの緩和に♪体に優しい布ナプキン

更新日:

最近は色々なショップで販売されているのでご存じの方も多くいると思いますが、布ナプキンは市販の生理用ナプキンのように使い捨てではなく、洗って何度も使用することができる布でできた生理用のナプキンの事です。

管理人もかれこれ布ナプキンを使い始めてかなり経ちますが、初めて使用した時は「暖かい!」と驚いたほど使用感はとても暖かいのです。

布ナプキンの「暖かさ」は生理痛を緩和する

「生理中に体が冷えていると生理痛がひどくなる」と言うのをご存知ですか?

生理中はもともと体が冷えやすい時期でもあるのですが、普段使用している市販の生理用ナプキンが体の冷えを増長させているかもしれません。

市販の生理用ナプキンは、経血が漏れないように内部に高分子吸収材(ポリマー)という素材を使っています。高分子吸収材は水分(経血)を含むとジェル状になるのですが、実は熱が出た時におでこに貼る冷却シートも同じ素材でてきています。このジェル状の素材が生理中の体を冷やす原因の1つとも言われています。

実際に布ナプキンの暖かさに慣れてしまうと、市販の生理用ナプキンは冷たく感じます。

布ナプキンに変えたからと言って必ずしも生理痛が緩和するわけではありませんが、「布ナプキンに変えて生理痛が楽になった」という人も多くいるのも事実です。

布ナプキンのメリット

もちろん布ナプキンの魅力は「暖かい」だけではありません。

デリケートゾーンの痒みやかぶれが無くなる

市販の生理用ナプキンを使うたび、デリケートゾーンの痒みやかぶれに悩まされている方いませんか?

市販の生理用ナプキンは通気性があまり良くないので蒸れやすく、ナプキン繊維の摩擦により肌に負担がかかりやすく、これが「痒み」や「かぶれ」に繋がります。

しかし、布ナプキンは通気性がいいので蒸れにくく、肌への摩擦が少ないので痒みやかぶれに悩まされることがありません。実際、私もそれまで生理のたびに痒みやかぶれに悩まされ、デリケートゾーン専用の薬が手放せなかったんですが、布ナプキンに変えてからというもの一度も痒みやかぶれはおきていません。

嫌なにおいがしない

ナプキンを交換するときに「ムワっとする嫌な臭い」気になりませんか?

実は経血は血のように見えても経血に含まれる血液の量は約40~60%で、あとは子宮内膜や子宮からの分泌物等が含まれています。

市販の生理用ナプキンは吸収力に優れたものや経血を含んでもサラっとしたものも多いので、つい交換頻度も低くなりがちです。しかし、既に書いたように市販の生理用ナプキンは通気性があまり良くないので蒸れやすく、経血を吸収した物を長時間使用することで雑菌も繁殖しやすくなり、あのムワっとする嫌な臭いを発生させるのです。

その点、布ナプキンは通気性に優れているので、雑菌の繁殖も抑えられて嫌な臭いが発生することはありません。

経済的&環境にやさしい

布ナプキンは1枚500円~、と市販の生理用ナプキンに比べてかなりお高め。

1日に何枚も取り替える事を考えたら初期費用はかかってしまいますが、繰り返し洗って使えますし、寿命が5年くらいと言われているので、生理のたびにナプキンを買い続ける事を考えたら布ナプキンを使用したほうがお得です。一式そろえておけばナプキンの買い忘れの心配もないのであわてる事もありません。

また、市販の生理用ナプキンのように使い捨てではないので、大量のゴミが出る事もありません。

選ぶのが楽しい

一口に布ナプキンと言っても、市販の生理用ナプキンのように1枚で使用できる一体型や、ハンカチの形をした折り返して使えるプレーン型、下のホルダーにパッド(吸収体)やプレーン型の布ナプキンをセットして使用するパット型など、形がいくつかあります。

また、メーカーによっては柄や色がカラフルな物がたくさんあるので、その日の気分に合わせて好きな柄を選べるのも魅力です。

布ナプキンのデメリット

洗濯が面倒

布ナプキンの洗濯方法は以下の通りです。
・バケツ(蓋つきのものがよい)に水を入れてセスキ炭酸ソーダを溶かす
・使用済みの布ナプキンを入れ、2時間~半日程度を目安に漬け置きをする
・洗濯機や手洗いで洗濯する
・洗った後はすぐに干す(殺菌効果がある日光に当てるとなお良し)
できれば、アルカリウォッシュに漬ける前にサッと汚れを落とすと、生臭さを抑える事ができます。

布ナプキンの洗濯は慣れてしまえば特に大変ではありませんが、「わざわざ洗濯して使用するのは面倒」「自分の経血がついたものを洗いたくない」という方にはデメリットになります。

初期費用がかかる

メリットの時にも書きましたが、市販の生理用ナプキンと比べて布ナプキンは高額なので、生理中に使用するだけの枚数をそろえたら費用はかかります。

交換頻度は市販の生理用ナプキンと同じで、多い日でも1日に4~6枚使用するとなると、洗濯する事を考えたら最低でも1回の生理につき8枚~12枚、そして夜用のナプキンも必要になります。

ブランドにより布ナプキンの値段は変わりますが、昼用の布ナプキンが1枚500円~、夜用の布ナプキンが1枚1500円前後します。

布ナプキンの扱いに気をつける

デメリットというよりは、布ナプキンを使う上で注意しなければいけないことです。
・布ナプキンは家族と共有しない
・使った人が自分で洗濯をする
・洗面所などで洗った場合は綺麗に掃除する
布ナプキンは経血がついたものを洗って繰り返し使用するため、血液で媒介する感染症(C型、B型肝炎、HIV)のリスクがゼロではない事を覚えておきましょう。

もちろん、感染症にかかっていない場合は特に心配する事はありませんが、自分が気がつかない内にかかってしまっているケースもあります。また、感染症の問題の前に布ナプキンを使うエチケットとして、上に書いたことを必ず守りましょう。

布ナプキンまとめ

布ナプキンのメリット、デメリットをあげてみましたがいかがでしたでしょうか?

エコで経済的な面はともかくとして、生理中の冷え(生理痛が重い)や痒み、かぶれに悩んでいる方は検討してみていかがでしょうか?特に、デリケートゾーンの痒みやかぶれに関しては布ナプキンは本当におススメです。興味があるけど迷っている方は昼用の布ナプキンかオリモノライナーを購入して試しに1回使用してみて下さい。

布ナプキンをAmazonで探す

布ナプキンを楽天市場で探す

布ナプキンはちょっと・・・という方には

もちろん、全てを布ナプキンにしなくても、家にいる時は布ナプキン、外出する時は市販の生理用ナプキンを使用する、と言った使い分けをするのもありです。

それでも「冷えや痒み、かぶれの悩みはあるけど、布ナプキンはハードルが高い」など抵抗のある方には、生理用の紙ナプキン「ナチュラムーン」がおススメです。

ナチュラムーンは市販の生理用ナプキンと比べて値段が高い事が難点ですが、ふかふかの使い心地で温かく、デリケートゾーンの痒みやかぶれもおきません。

ナチュラムーンのレビューはこちら


痒みやかぶれもなし!温かい生理用ナプキン「ナチュラムーン」

皆さんは生理痛は軽いほうですか?重いほうですか?それとも生理痛はありませんか? 生理痛の重さや症状など人により違いがありますが、7~8割の女性が生理の時に痛みや不快感を感じ、その中でも3割の女性が鎮静 ...

また、布ナプキン専門店ジュランジェで販売しているfreena(フリーナ)という商品もおススメです。フリーナは布ナプキンに使用しているコットン100%のネル生地で作られたライナータイプの布ナプキンで、市販の生理用ナプキンの上に1枚敷いて使用します。

未縫製なので洗って繰り返し使用する事はできませんが、生理用ナプキンと同じく使い終わったらエチケットボックスに捨てるだけ。市販の生理用ナプキンに1枚敷いて使用すれば、布ナプキンのように温かく、かぶれや痒みを軽減する事ができますよ。

 

 

月経カップもおススメ!


憂鬱な生理を快適に!第3の生理用品「月経カップ」レビュー

「月経カップ」という生理用品をご存じでしょうか? 月経カップは医療用シリコンや天然ゴムでできたカップ状の商品で、生理の時に膣内に挿入して使用します。ナプキンやタンポンに替わる第3の生理用品と言われ、海 ...


 

-冷え性対策グッズ

Copyright© 女性のための冷え性対策法 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.