体を温めてくれる「腹巻」は冷え性対策に効果的

冷え性対策にお腹を温めるグッズとして腹巻が人気を集めています。

女性はホルモンバランスや体の構造などから冷え性になりやすく、実際冷え性で悩んでいる女性は多くいます。
末端である手足が冷える「末端冷え性」、下半身は冷えて上半身が熱を持つ「冷えのぼせ」など冷え性のタイプは人により違いますが、冷え性をそのまま放置しておくと体内の深部体温が下がってしまう「低体温」にもなりかねません。
冷え性や低体温は、生理痛、腰痛、便秘など体の様々な不調を引き起こし、免疫力の低下や不妊にもつながるのです。

そんなときに活用したいのが腹巻です。
末端冷え性も冷えのぼせも低体温も、冷える部分や症状は多少違いがありますが、実は原因はどれも血行不良によるもの。
そのため、腹巻をしてお腹を温めてあげることで全身の血行がよくなり、どのタイプの冷えも改善する事が可能なのです。

腹巻というと「ババくさい」とか「かっこ悪い」イメージがありますが、最近の腹巻きはチラっと見えても可愛いものも多く、綿やシルク、ゲルマニウムを織り込んだもの、腹巻とパンツが一体化した腹巻きパンツなど色々なものがあります。
そして冬用の腹巻だけではなく、通気性がよい夏用の腹巻も販売されています。
冷え性は冬になるもの、と勘違いしている方もいると思いますが、夏は衣装が薄くなりエアコンなどで冷え性になることもあるので、腹巻でお腹を温めてあげましょう。

腹巻を選ぶポイントは、締め付け感がないこと。
きつい腹巻をしているとかえって血行不良の原因になるので注意が必要です。

もちろん冷え性や低体温を改善するには腹巻を着用するだけではなく、生活や食事を改善するなど体を冷やさない生活をすることも大切です。

スポンサーリンク