体の冷えやだるさを引き起こす「鉄欠乏性貧血」「潜在性鉄欠乏症」とは

女性は生理や妊娠・出産などの影響で貧血になりやすい体質にあります。貧血になると必ずしも冷え性になるわけではありませんが、原因の1つになることもあります。

貧血にも原因により色々な種類がありますが、一番多いのは鉄欠乏性貧血で、貧血の約9割がこの鉄欠乏性貧血と言われています。そして、潜在性鉄欠乏症はかくれ貧血とも言い、通常の検査では貧血と診断されていないけど、いずれ鉄欠乏性貧血になる可能性のある貧血予備軍です。

鉄欠乏性貧血と冷え性の関係

鉄欠乏性貧血は血液中のヘモグロビンが低下した時に起こる貧血で、血液を採取し、ヘモグロビンの値で貧血かどうかの判定が行われます。ヘモグロビンとは血液中に存在する赤血球の中にあるタンパク質で、体の中に酸素を運ぶという重要な役割があります。

ヘモグロビンの合成には鉄分が必要です。

女性の場合は月に1回のペースで生理というものがあり生理中は出血を伴いますが、経血が体外に排出されるときに赤血球中の鉄分も排出されてしまいます。経血量が多い方は特に鉄分が多く排出されてしまいます。妊娠や出産、無理なダイエットや偏った食生活も鉄欠乏性貧血の原因になります。

ヘモグロビンは体の隅々まで酸素を運ぶ役割がありますが、ヘモグロビンが少なくなると酸素を運ぶことが出来なくなり体の各組織が酸欠状態になります。そして、栄養がうまく燃焼されなくなり、体が冷えやすくなってしまうのです。

貧血は様々な症状をひきおこす

貧血の症状は冷え性だけではなく、体がだるい、疲れやすい、顔色が悪い、寝起きが悪い、風邪をひきやすい、髪の毛がよくぬける、肌荒れやくすみなど様々な症状がでます。軽度の場合、自覚症状がなく貧血と気がつかない事もありますが、重度の貧血になってくると安静にしててもめまいや動悸・息切れなどの症状が出ることがあるので注意が必要です。

また、足にむずむずとした違和感が出る「むずむず脚症候群」や氷を無性に食べたくなる「氷食症」も鉄欠乏性貧血の症状の1つとされています。

↓↓↓氷食症について詳しくはこちらをご覧ください

無性に氷が食べたくなる「氷食症」という病気をご存じでしょうか? 氷食症は季節に関係なく、寒い冬でも「氷が無性に食べたくなる」「...

潜在性鉄欠乏症とは

潜在性鉄欠乏症(隠れ貧血)とは貯蔵鉄であるフェリチンが不足している状態です。

体内の鉄分の約70%が赤血球のヘモグロビンに存在し、残りの約30%は肝臓や骨髄に貯蔵鉄(フェリチン)として蓄えられています。フェリチンは血液中の鉄分が不足した時に放出して利用されるなど、血液中の鉄分をコントロールする働きがありますが、女性は生理などの理由から男性と比べても貯蔵鉄が少なく女性の約6~7割がかくれ貧血言われています。

鉄欠乏性貧血の場合、健康診断などの血液検査でヘモグロビン値で貧血の判断ができますが、一般的な血液検査ではフェリチン値を調べる項目はないため、知らないうちに隠れ貧血になり、貧血が進行していたということも珍しくありません。

隠れ貧血は体の冷えやだるさ、疲れ、顔色の悪さ、肌のくすみなど鉄欠乏性貧血と同様の症状が出ます。特に思い当たる理由はないけど、これらの症状が出る場合はフェリチン値を検査できる内科や婦人科を受診してみましょう。

貧血を改善するには

貧血の自覚症状がある方は、鉄分をとるように心がけましょう。

鉄にはヘム鉄と非ヘム鉄の2種類あり、非ヘム鉄よりもヘム鉄のほうが吸収率がいいと言われています。

ヘム鉄は肉や魚など動物性食品に、非ヘム鉄は野菜や海藻類に含まれていますので貧血対策をするならヘム鉄を多く含む食品を食べましょう。ヘム鉄は赤身魚、青魚、貝類、レバーに多く含まれていて、タンパク質やビタミンCと一緒にとると鉄分の吸収を助けます。しかし、貧血だからと言って極端に偏った食事は避け、バランス食べるようにしましょう。

また、鉄分のサプリメントを利用するのもおススメですが、1日の鉄分の上限摂取量40mgを超えないように注意しましょう。

通常の食事では鉄分を過剰摂取する事はありませんが、サプリメントで過剰摂取すると吐き気やおう吐・下痢などの胃腸障害が報告されています。さらに、鉄分が少しずつ体内に蓄積されていくと血管や各臓器にダメージを与え、最悪の場合死に至ることもあるので注意が必要です。

また、過剰摂取はしていなくても長期的に鉄分のサプリを摂り続けた場合、鉄分が体内に蓄積してしまう場合もあります。これを防ぐためにはヘム鉄のサプリメントを選びましょう。

鉄分サプリにもヘム鉄と非ヘム鉄の2種類がありますが、ヘム鉄の場合は体への吸収率が高いだけではなく、吸収されたヘム鉄はヘムオキシゲナーゼという酵素に生成されて、余分な鉄分を体の外へと排出してくれる働きがあります。

鉄分の多い食事を心がけ、足りない分をサプリメントで補うなど上手に利用して貧血&冷え性対策をしたいですね。

スポンサーリンク