女性ホルモンの乱れは冷え性の原因に!一体どうして?

冷え性になるのは女性が圧倒的に多いと言われています。
その理由の一つとして女性ホルモンバランスの乱れが原因にあげられます。

女性ホルモンとは

女性ホルモンとは、女性をふっくらとした女性らしい体つきにしたり、生理や出産などに深く関わっているもので、エストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲステロン(黄体ホルモン)という2種類の女性ホルモンがあります。
この2種類の女性ホルモンは脳の視床下部でコントロールされ、女性の卵巣から分泌されます。

そして、女性には妊娠や出産に備えるために「性周期」というものがあり、約1ヶ月の間に「月経→卵胞期→排卵→黄体期→月経」という流れで、月経から月経まで毎回このサイクルを繰り返しています。
性周期はエストロゲンとプロゲステロンの2種類の女性ホルモンが月経の前後に増量したり減少したりして分泌量が変化することにより、生理や排卵のリズムを整えているのです。
しかし、女性ホルモンはとても繊細で、ストレスや生活習慣の乱れなどちょっとしたことでも女性ホルモンの分泌量のバランスは崩れてしまいます。

女性ホルモンの乱れが冷え性の原因になる理由

なぜ女性ホルモンが乱れると冷え性になりやすいかというと、脳の視床下部は女性ホルモンの他に自律神経の総司令部でもあるため、女性ホルモンのバランスが崩れると、影響されて自律神経のバランスも乱れるのです。
自律神経は体温を調節する役割があるため、自律神経が乱れると体温調節が出来なくなり、冷え性になると言われています。

また、逆に、体の冷えが原因で自律神経が乱れ、その影響で女性ホルモンが乱れてしまうということもあります。
女性ホルモンと自律神経は密接な関係にあり、どちらかに乱れが生じるともう片方にも乱れが生じるので注意が必要です。

女性ホルモンバランスの崩れは冷え性だけではなく、「生理が来ない」「生理が終わらない」「不正出血」など生理不順も招きますので、生活習慣などを整えて女性ホルモンバランスが崩れない生活を心がけることが大切です。

スポンサーリンク