くもりや雨の低気圧時に体が冷える原因と対処法

くもりやの低気圧時には体が血行不良をおこし、冷え性になりやすいというのをご存じでしょうか。

体の冷えだけではなく、雨の日には「体がだるい」「頭痛や肩こりがひどくなる」「古傷が痛む」「足がむくんでつらい」など体調不良を訴える方も少なくありませんが、これも血行不良が原因と言われています。

低気圧になると血行不良になる理由

一般的に天気は高気圧だと晴れ、低気圧だとくもりや雨になると言われていますが、「そもそも高気圧や低気圧の気圧(大気圧)って何?」と思う方もいるのではないでしょうか。

気圧とは空気の圧力の事です。

日常では特に重さを感じる事はありませんが、空気にも重さがあり、私たちの体にも常に圧力がかかっています。この圧力はかなり大きな力なのですが、人間の体を含め地球上の物がつぶれないのは、かかっている圧力と同じ分だけ内側から同じ圧力で押し返しているからです。

そして、低気圧とは周囲よりも気圧が低い部分をいい、空気が薄くなるため、私たちの体にかかっている圧力も低下してしまいます。そうすると体の中の細胞が膨張し、膨張した細胞により血管が圧迫されて血行不良になり、冷え性や頭痛などの症状が出るようになるのです。

低気圧でむくみも引き起こす

また、雨の日には体のむくみに悩まされる方も多いですが、むくみももちろん低気圧の影響によっておこります。

むくみは浮腫(ふしゅ)といい、体の組織の細胞間に水と老廃物がたまった状態なのですが、低気圧により圧力が低下してしまうと血管から血漿(けっしょう)という体液がにじみでて細胞間の間に水分が増加した状態になりむくみを引き起こすのです。

特に湿度が高い季節は汗をかいても水分がうまく蒸発しないのでむくみやすくなると言われています。

体のむくみは冷え性と切っても切れない関係にあり、体がむくむと冷え性になり、冷え性になると体はむくみやすくなるという悪循環に陥ってしまうため注意が必要です。

長雨の季節は要注意。自律神経を狂わせます

自律神経とは呼吸や内臓、血管など体の様々な機能をコントロールしている神経で、体温を一定に保つのも自律神経の働きによるものです。そして、冷え性にも色々な原因がありますがそのほとんどは体温をコントロールしている自律神経が乱れることが原因です。

女性は女性ホルモンの影響でもともと自律神経のバランスが乱れやすいのですが、特に注意したいのが長雨の季節です。

梅雨や秋雨の時期は日によって晴れたり雨が降ったりと気圧の変化が激しい上に気温も激しく変化をします。自律神経は晴れの高気圧の時は交感神経が優位になり、くもりや雨など低気圧の時は副交感神経が優位になると言われていますが、天気が目まぐるしく変わる長雨の季節は気圧の変化にあわせて自律神経も激しく変化をするため乱れやすくなります。

また、激しい気温差も自律神経を乱す原因になります。

自律神経の乱れは冷え性だけではなく、心身ともに様々な不調の原因になるので注意しましょう。

雨の日の冷え性を改善するには

くもりや雨の低気圧時、そして長雨の季節の冷え性やむくみ・頭痛・だるさなどの不調の改善にはやはり体の血行をよくしてあげる事が大切です。湯たんぽやカイロなどでお腹まわりを温めてあげると全身に血行が行きわたります。

暑い時期になると女性は薄着になる事が多いですが、なるべく靴下やスパッツを着用したり、寒い時にはサッと1枚はおれるものを持ち歩くなどの対策をとりましょう。

冷たいものの飲み過ぎ、食べ過ぎも内臓を冷やし、体の冷えを悪化させるので厳禁です。また、お風呂もシャワーですませず、きちんと湯船につかり体を温めましょう。

↓↓↓生活&食事による冷え性対策はこちら

http://hietaisaku.net/category/taisaku/

http://hietaisaku.net/category/taisaku-food/

スポンサーリンク